老後資金の準備

小話

「老後どのくらいの資金がいるの?」

「どうやって資産をふやしたらいいの?」

そんな方の少しでも役に立てばと思い記事にしました^^

こんにちは、うずらです

ふと数年前のニュースであった、老後2,000万円問題を思い出しちょっと調べてみました!

老後に必要な資金について

65歳で退職後1,500万円~3,000万円が必要と言われています

金融庁の「人生100年時代における資産形成」によると、60歳の夫婦のいずれかが95歳まで生存する割合は5割弱との事です^^

私はそんなに長生きしそうにないなぁ~笑

1,500万円~3,000万円の金額ですが、65歳から退職後の30年に世帯で月25万の生活費を支出する場合で試算されています

退職後の30年間の支出:9,500万円~1億1,000万円(月25万+α)

  • 退職後の生活費:9,000万円(25万×12ヶ月×30年)
  • 住宅の修繕費、医療費、車の買換え等:500万円~1,000万円
  • 介護費用:0~1,000万円(初期費用80万円+月額7.9万円×12ヶ月×10年)

退職後の30年間の収入:8,000万円~9,000万円

  • 公的年金(基礎+厚生年金):8,000万円(22.1万※夫婦2人×12ヶ月×30年)
  • 退職金/私的年金:1,000万~2,000万円(住宅・教育ローン返済▲1,000万)

1,500万~3,000万円とかどうやって準備するんだって感じですよね( ;∀;)

少なくとも65歳定年後は働かないが前提で、生活レベルも様々なので一概には言えない部分があると思います

一度自身に合った必要金額を算出してみても良いと思います^^

資産の増やし方について

金融庁の「人生100年時代における資産形成」によると、つみたてNISAを活用した資産形成を進める事が必要という事です

米国では、退職口座(IRA、401(k))、投資信託を中心として、現役時代から資産形成を継続した結果、20年間で8倍強に増加

日本では、貯蓄率が低下傾向且つ、預貯金の割合が高い為、20年間で2倍程度しか増加してないそうです

では、つみたてNISAを活用した資産形成をするとどうなるのか?

例えば、20年間、月3.3万積立、運用率5%でシミュレーションします

※シミュレーションの為、将来の成果を約束するものではありません。

30年に延長したシミュレーションです

長く続けることで福利効果で運用益が大きくなりますので、やるなら早く始める方が良さそうですね^^

つみたてNISAのメリット

  1. 少額から投資が可能
  2. 20年間は運用益が非課税

つみたてNISAのデメリット

  1. 非課税枠の上限が低い(年間40万円)
  2. 商品が限定されている
  3. 元本割れリスクがある

まとめ

私も老後に備えて少しづつ準備を始めようと思っています^^

目標は定年までに3,000万円は頑張りたい所です

未来はどうなるかわかりませんが、どうなっても良いように柔軟に対応出来るようにしておきたいですね

ではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました